小宝島においでよ♪

  ~トカラ列島の島々のなかで一番小さな島~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トカラハブとコダカラヤモリ?

渡良瀬線
小宝島から見える悪石島
この間には南北では生態系が全く異なるライン
トカラギャップ=渡瀬線と云われる分布線があります。
現在ある海底1000mを超える海裂は琉球諸島が大陸だった時代にも
海として存在し生・動物などの移動の行く手を憚ったため、
このラインを境に温帯と亜熱帯の境として存在しているわけです。
その様子はフェリーに乗っているだけでも体感することができます。
ハブ-2 ハブ-1
宝島と小宝島にしか生息しないハブです。
毒はありますが、奄美や沖縄のように死に至らしめる猛毒では
ありません。
それどころか、血清の方が強いの血清は使えず、1週間寝込む
しか治す手立てはありません。
性質は憶病で物音がするとすぐ逃げるので滅多に噛まれること
もありません。
たまたま運悪く、いるのに気付かず踏んでしまい噛まれた・・
いわゆるハブの条件反射ですよね。
秋になると木に登り、渡り鳥が飛んでくるのをじっと待っています
鳥を捕まえると飲み込みながら木から落ち冬眠に入ります。
その飲み込んでいる様子がかわいそうではありますが、
自然の摂理を目の当たりにしてる感動?があります。
ハブとり名人はそんなハブを捕まえて、奄美のハブ園などに
送っています。
殺して届ければ、1匹500円です。(島民のみ)
ヤモリ ヤモリ-1
トカラには「トカラヤモリ」「タカラヤモリ」「アマミヤモリ
(旧コダカラヤモリ)」の生息が確認されているようですが、
私は爬虫類にも疎く、写真のヤモリは誰なのか、
実はよくわかりません・・
小宝島のヤモリは島固有種だという人も(定かではありません)
とにかく、爬虫類好きにはたまらないらしいです!!
気持ち悪がる人も多いけど、ヤモリは実にかわいいです。
家の窓にへばりついて、家明かりを頼りにやってくる虫を
ぺろり・・失敗したときの愛嬌さ。
特に鳴き声がめちゃくちゃかわいい♪
恋の季節に切なく鳴く“きゅんきゅん”声が心に響きます。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/12(水) 10:04:58|
  2. 観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アサギマダラ | ホーム | 島の珍味>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokarakodakara.blog137.fc2.com/tb.php/20-fe8d361a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。